2011年05月13日

桜、さくら、サクラ


 久しぶりに、晴天が二日続いて、桜も八分咲きになりました。
恵庭の桜を何年か振りで見てまわりました。

P1010102.JPG
恵庭駅東口から5分、戸磯黄金通沿いの一本桜。この桜のために、
道路が曲がっているとの都市伝説も(黄金中央2)

P1010104.JPG
魚料理の美味しい『漁川』の敷地内の一本桜、
この時期、二階の宴会場からこの桜を愛でながら花見が人気。
(栄恵町63-1)

P1010096.JPG
えにわの湯の裏手、ユカンボシ川沿いの桜、残念ながら、
自由に出入りはできませんが、トライアルの駐車場からカメラを
構える人がたくさんいます。(戸磯)


最近はゆっくりと地元を見て歩く時間もありませんでしたが、今年は思い立ってカメラに納めてきました。
これも、年齢のせいかなあ。。。

posted by ファーマー at 09:41| Comment(0) | その他

2011年04月17日

ありがとう。あおいちゃん!

P1000995.JPG

『タカトシ牧場』のADのあおいちゃんが異動で新しい番組に移りました。

二年前の番組開始からADとして頑張ってくれていました。
彼女にとっても初めての仕事で、きっと100回以上は電話をくれたと思います。
無理難題もたくさんありましたが、いつも明るい声でお願いされると「NO!」って言えずにOKを出してました。

ディレクタ−にはNO!を言えても、頑張っているADさんのお願いにはついつい甘くなります。
番組作りの大変さを彼女を通じて教えてもらいました。

きっと新しい番組でもあのパワ−で頑張ってくれるでしょう。


『タカトシ牧場』も三年目を迎え、放送が日曜日からゴ−ルデンタイムへの進出となるようです。
4月21日からは『タカトシ牧場+(プラス)』として深夜の放送になります。
じっくりと企画を練ってパワ−アップした内容になりそうです。

牧場も4月23日のオ−プンに向けて準備中です。

GWには、出店も出て、皆さんをお待ちしています。
posted by ファーマー at 18:45| Comment(0) | その他

2011年03月21日

被災された方々にお見舞い申し上げます。


  東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
 
 また、多くの酪農家が牛を失い、避難所への移動も不可能であり、心痛の毎日と思います。
 北海道からも家畜たちへの飼料を準備して、再建の時、最大限の協力を惜しみません。
 まだまだ気温の低い日が続きます。お体に気をつけられて、頑張ってください。


   むらかみ牧場
      代表 村上 隆彦
          スタッフ一同
posted by ファーマー at 08:43| Comment(0) | その他

2010年09月19日

豆記者さん来場

P1000879.JPG
恵庭市立恵北中学校の学校祭用の壁新聞の取材でした。
『タカトシ牧場』が放送される経緯から秘話まで、鋭い質問に答えるウシ部長も大変でした。
 
自分の住む街がTVで紹介されると言うことは、子供たちにとっても興味のあることのようです。

立派な壁新聞にしてくださいね。
posted by ファーマー at 14:36| Comment(0) | その他

2010年03月27日

春、旅立ち

一緒にヨ−ロッパ旅行に行っていた長女麻衣子が、学校を終えて、就職のために横浜へ旅立ちました。もちろん寂しい思いはありますが、自分の決めた道を歩んでほしいと思います。今度は社会人として成長した姿を見る楽しみが増えました。
入れ替わる形で、長男健太(牛丸くん)が牧場に戻ってきます。通算3年間の研修で自分の牧場作りのイメ−ジも少しづつ出来ているようです。今度は私たちといっしょの仕事をしながら、自分の道を探してくれるでしょう。

ソフトクリ−ムの店舗にも八紘学園を卒業した、Oさんが加わります。乳製品の製造を中心に店舗も手伝ってくれます。牛舎と酪農体験を担当していたOHさんも寿退社することとなりました。酪農体験の現在の形を一緒にはじめから作ってきただけに残念ではありますが、彼女の新しい出発を応援しようと思います。

出会いがあって、別れがあって、それを繰り返しながら、いくつになっても人間は成長して行くのでしょう。


子供たちを含めて、新しい素敵な出会いの春であることを祈りたいと思っています。
posted by ファーマー at 19:57| Comment(0) | その他

2010年03月20日

12時間後はヨ−ロッパ

P吹.JPG
3月5日、成田発のJAL機でフランクフルトに向けて出発、エコノミ−クラスの予定が、ビジネスクラスに変更になってました。これは、スタ−トからラッキ−な旅になりそうな予感です。同行は長女麻衣子、帰国後、横浜へ仕事のために引っ越すため、最初で最後に親子旅でもあります。ドイツのフランクフルトの空港には、オランダで研修中の長男健太が出迎えしてくれました。1年ぶりの再会ですが、元気そうでなによりです。翌日はケルンに移動、大聖堂の大きさに感嘆の声をあげてしまいました。ヨ−ロッパへ来た実感とともに、まるで映画のセットに迷い込んだような感じです。3人のテンションがどんどん上昇していきます。

I_JtF.JPG
翌日には、二カ国めのオランダに移動です。ハ−グのカフェですが、気温は零度前後ですが、日が差すと外席はいっぱいです。石畳にエスプレッソコ−ヒ−、固めのパンのサンドイッチが似合う街かどです。
xM[X.JPG
3カ国目のベルギ−のブリュッセル、隣の国、隣の国への移動ですが、建物が微妙に異なり、ブリュッセルは重く感じる街並みでした。
M.JPG
そして、フランス。

本当の旅日記はこれからです。久しぶりに仕事抜きの旅でしたが、勉強になることばかり、刺激を受けて感嘆し、子供二人の成長にも驚かされた旅でした。
posted by ファーマー at 10:08| Comment(0) | その他

2010年03月04日

えにわ☆食・農交流フェスタ

2010_0227_122919-IMGP2457.JPG
地消地産のためにもまずは試食です。100名以上の方が参加されていました。

2010_0227_123640-IMGP2468.JPG
日本一美味しい『恵みの牛乳』、ノンホモの低温殺菌牛乳は初めての方には驚きの味のようでした。
店長の恵子さん、「奥さんですか」の質問に「妹です」を繰り返してました。
ソフトクリ−ムの店のオ−プンから手伝ってくれています。
10本の試飲でしたがリピ−タ−に期待です。



2010_0227_123827-IMGP2471.JPG
久しぶりに、長尾さん(農業新聞でコラムを持っていて、大工の妻であり、母であり、農家の良き理解者でもあります。)と再会できました。
今度は大阪へ行かれるようで、北海道をパワフルに発信しようと考えてくれています。いつの間にか、二児の母になってました。
いっしょに何かできれば嬉しいのですが。

地元の食材が意外と地元の人が入手できないのが農産物の流通の仕組みになってます。
生産者(農家)と消費者が近い関係を作ることが新鮮な農産物を提供できる唯一の方法なのかもしれません。

新しい取り組みに取り組んでいただいた関係機関に感謝です。
TVの撮影と重なって。短い時間しか参加できませんでしたが、有意義な時間でした。

posted by ファーマー at 08:08| Comment(0) | その他

2010年02月25日

ちょっと寄り道

仕事が趣味です。無趣味が趣味です。

先日の雑誌の取材で返答に詰まって答えてしまいました。



P1000698.JPG
1955年製、Zippo、オ−クションで見つけたときは初恋の人に再会したように心ときめきました。
同じ時間を生きてきたライタ−です。もちろん現役です。

P1000699.JPGP1000700.JPG

トリックZippoの傑作のひとつ『あや-うし』 一番大好きな作品です。
魅力的で、奥の深い逸品でもあります。

禁煙すると200個を超えるZippoはどうなるのかな。
喫煙者には肩身の狭い時代ですが、たかがライタ−されどライタ−、煙草は忘れても、ライタ−だけは大切に持ち歩いてます。

急に自分の趣味を思い出して、ブログを更新しました。
posted by ファーマー at 21:06| Comment(0) | その他

2010年02月23日

以心伝心

P1000677.JPG
元アイドル ブレンダも1歳をすぎて、お年頃になりました。
本州では春一番が吹いて、恵庭の今朝は春を感じる暖かい空気です。


春が近くなって、酪農体験の問い合わせも入ってきました。

せっかくの牧場での出会いを大切にして、楽しんでもらえるように考えていますが、『伝える』難しさをいつも感じています。

今年の冬の間もたくさんの人と出会い、幸福な時間を過ごすことができましたが、長い時間を共有する人とはそう簡単には出会えないものです。メ−ル社会になって、文章の細かな表現の違いで、大きな行き違いになることもしばしば体験します。顔を合わせての会話の大切さを感じます。

せっかく出会った人とは笑顔で話がしていたいと思います。星の数ほどの人間の中から、同じ時間を過ごす偶然を大切にしたいからです。自分の言葉で相手を感じながら。



バンク−バ−オリンピックにすっかりはまってしまいました。頂点を目指す真剣な眼差しに背中がゾクゾクし、目頭が熱くなる瞬間もしばしばです。朝の作業が終了して、朝食後の昼寝の時間がテレビ観戦の時間になっています。一生懸命に全力を尽くせば、メダルよりも大切なものがあるように思います。大きな拍手と声援でカナダまでパワ−を送っています。


『伝える』ことは言葉の技術ではなく、全力での真剣さなのかもしれません。雪が消えるまでのこの時期に絶えることのないようなパワ−を蓄積しておきたいものです。


posted by ファーマー at 08:36| Comment(0) | その他

2010年02月01日

信じられない出来事

 冬の間、猫たちは牛舎内の事務所で生活しています。正月明けから子猫が2匹行方不明になっていました。ところが、1月27日の未明、朝の作業のためにスタッフが出勤してみると、2匹が事務所に戻っていました。生後1カ月の子猫がドアを開けて1か月後に帰ってくることは考えられません。
 第三者が勝手に子猫を連れ去って、戻していったと考えるのが妥当でしょう。人間ならば、誘拐監禁でしょうし、猫でも窃盗罪です。考えられない行為です。犯人のおおよその見当もついています。該当の車も特定しています。もし今度、勝手にこのような行為の場合は警察に通報します。スタッフ全員が同じ認識で行動します。

 かわいそうな子猫たちは、ほかの猫たちとなかなか馴染めずにいます。牧場の猫はペットではなく、牛舎で飼われる『牛舎猫』です。

 ブログには馴染まない内容ではありませんが、あまりの異常な行為なので、警告も含めて公開することとしました。


 
posted by ファーマー at 07:26| Comment(1) | その他

2010年01月27日

惜別

 36年前の春、大学の部室で初めて会った先輩は、独特の雰囲気を持った人でした。
酪農家で育って、後継者としての第一歩として通うことになった大学でしたが、牛のことに対してはまるで無知でした。
先輩の語る、牛の血統、共進会などのひとつひとつが新鮮で、魅力的でした。

 授業を勝手に早めに切り上げて、ボロ車で全道各地の牧場やら、種雄牛センタ−やら、共進会に出掛け、牛にのめり込むまでにはそう時間を必要としませんでした。何故この人はこんなにも牛が好きなのだろうか。その疑問は今も同じようにあります。

 卒業後、酪農家として生きてくることの出来た原点となる影響を強く受けています。

 人懐こい笑顔、男性にしては長いまつげ、牛を見るときの鋭い視線、独特の丸文字、牛が好きで、車が好きで、弱めのアルコ−ルが入ると饒舌な先輩にもう会えないのは、本当に残念です。

 訃報の知らせのために、全国各地の仲間に連絡をしながら、あらためて失ったことの大きさを感じました。お礼以外の言葉が浮かびません。
そして、次世代に伝え継ぐことが唯一私のできる感謝だと思っています。  拝

 
posted by ファーマー at 09:16| Comment(0) | その他

2009年11月06日

失礼しました。

せっかくいただいたコメントにお返事をするのが、遅くなりました。
HP管理人からの助言を失念してました。


posted by ファーマー at 09:07| Comment(0) | その他

2009年10月14日

見つけたぞ!!

? 025.jpg
ハイウエイ沿いにみつけた『ファムフェスタ』 手作り感がなかなかです。

? 013.jpg
きっと芝刈り機のリサイクルでしょう。 
? 015.jpg
ヤギ用のえさの販売器25kでした。アルコ−ル殺菌 のジェルがいたるところにセットしてあります。
? 020.jpg
 ヤギが橋を渡って移動するようです。
偶然に、シカゴへ向かうミルウォキ−郊外でリンゴ収穫を中心としたオ−プンファ−ムを発見しました。
探していたものを見つけたような感じでした。
参考になるものが多く、ついつい時間を忘れて見学していました。

日本での農家がオ−プンに敷地を開放する歴史は新しく、それぞれが手探りで行っています。
今回の渡米は次へのヒントを探す旅でした。
生産する現場を見てほしい。。。。。
農家の応援団を作りたい。。。。。

やっぱりそのままがホッとした空間に感じました。






posted by ファーマー at 18:53| Comment(0) | その他

2009年10月12日

映画7本の旅

? 040.jpg? 035.jpg

シカゴへ行ってきました。

夜の匂いのする街でした。

もちろん、仕事です。

内容はおいおい紹介の予定。
posted by ファーマー at 12:13| Comment(1) | その他

2009年08月28日

仙台から弘前へ

24日の深夜のフェリ−で仙台へ、醤油の工場での打ち合わせのあと、盛岡へ移動。わんこそばを食べて、青森県の弘前へ行ってきました。
牛のエサになるリンゴジュ−スの工場での打ち合わせが主な仕事でした。弘前はとても好きな街で、毎年2〜3回は訪れるのですが、今回は時間がなくて、ゆっくりと出来ませんでしたが、御世話になっている、Kさんと秋にゆっくりと温泉の約束をして、八戸へ回り、ふたたび深夜のフェリ−で戻ってきました。デジカメを忘れて、写真がないのが残念ですが、明日からは、牧場で体験の受け入れです。
スタッフが順番に遅めの夏休みを取るので、フル回転の毎日です。
posted by ファーマー at 21:23| Comment(0) | その他

2009年08月17日

小麦の収穫

P1000465.JPG
P1000468.JPG
P1000470.JPG
天候不順で遅れていた小麦の収穫作業も終盤戦です。

小麦を収穫した後のワラは牧場で大切に牛用のベットに敷かれます。
コンバインの後ろをロ−ルベ−ラ−で追いかけます。

畑作の副産物利用です。エコな酪農の一面でもあります。
posted by ファーマー at 20:50| Comment(0) | その他

ベットメ−キング

P1000481.JPG
今朝も牛舎の作業は5時から開始です。
乳搾りとエサやり、そして、掃除が同時に進行します。
毎朝、新しい藁をベットに入れて、ふかふかな寝床きするのも大切な仕事のひとつでもあります。

天井には大きな扇風機があって、ゴ−ゴ−と音をたてながら回ってます。
posted by ファーマー at 05:33| Comment(0) | その他

2009年07月24日

農事組合

農村部では、町内会とは別に、農協とつながった組織があります。一番小さな地域単位でこのあたりでは農事組合と呼んでいます。

むらかみ牧場をこの戸磯共栄地区に移設したころには、20軒ほどの組合でした。冠婚葬祭はもちろん、地域の大掃除、通学路の除雪、桜の季節の花見(ジンギスカンが常道)など、何かにつけて集まっていました。
農家の高齢化と後継者がいないことで、20年前に一番の若手であった私は、いまだに老けた若手のままです。

4っつの組合が5年ほど前に合併して一つになりましたが、専業で営農しているのは6〜7軒にまで減少しています。さらに今年、消滅した市街地の農事組合の農家に参加を求めて、町内会組織を超えて、広い地域の組織になってます。ここばかりではなく、恵庭市の多くの農事組合が合併しながら、組織を守っています。今後は、大きな地域の農事組合がさらにいっしょに活動するようになるでしょう。

私が今年度の戸磯農事組合の組合長です。先日、仲間のおばあちゃんが亡くなって、全員でお手伝いをしてきました。以前は、会場の準備〜葬儀委員長〜受付〜会計〜葬儀司会〜料理〜あと片付けまで、すべてを仕切っていましたが、今は葬祭場で、受付の手伝いが主になってます。


農家の減少が地域のつながりさえも徐々に消滅させています。先人の地域を大切にして、その歴史を後世に伝える術を失いつつあるのは、この国の将来を見ているようです。
posted by ファーマー at 07:58| Comment(0) | その他

2009年06月06日

牧場の仕事

P1000189.JPGP1000186.JPG
牧場の毎日大切な仕事のひとつが、一頭の牛がどれくらいの牛乳を出しているかを知ることです。

昔は、毎日毎日、乳量を秤で計って表に記入していました。
頭数の増えた現在は、月に一度、乳量を測定して、補正して一か月分の乳量とし、それを繰り返し
一回のお産での乳量としています。この乳量を全体で比較して、乳量の多い牛を選抜しています。
また、この乳量がその牛の父親の遺伝の強さに反映させて、より良遺伝子を持った父親牛を
選抜しています。専門用語で、後代検定、乳量検定と呼んでいます。

この大切な検定を担当してくれているのが、検定員です。今月は大塚さんが担当してくれました。
早朝や夜の仕事で大変ですが、私たちの牧場経営の大切な判断材料を提供してくれる仕事です。


posted by ファーマー at 06:28| Comment(0) | その他

2009年05月29日

牛のエサ

no-title 
乾燥を切断中

元々、牛は草食動物ですから、草を食べて、牛乳を出していました。
家畜として飼うようになってから、穀物を与えて、多くの牛乳を出してくれる
ように改良してきました。
でも、基本は『草』で、大切なものです。
北海道は半年間は雪の中での生活なので、夏の間に草を乾かして保管して、
牛に与えます。6月の15日頃から今年の収穫が始まります。
朝から何回も天気予報を見ながらの作業です。

むらかみ牧場では、乾草を3センチほどに切ってエサに混ぜています。
週一回、約1000キログラムの乾草を切るのは、私の担当です。
風のある日には、出来ない作業なので、早朝に行うことがほとんどです。
P1000138.JPG
posted by ファーマー at 07:51| Comment(0) | その他