2012年01月03日

冬の牧場@「つらら」

P1010207.JPG

比較的に暖かい新しい年の始まりです。(朝の気温−5℃くらい)

牛舎の屋根に積もった雪が溶けてつららができてます。

P1010206.JPG

そばに近づいてみると、1メ−トルほどに成長しています。

子供のころは、このつららを根元から折ってチャンバラごっこをしてました。

手袋につららがくっついて、真っ赤なぽっぺをしながら、雪の上を走り回っていました。(正月から昔話ですが。。。)


P1010208.JPG

屋根からせり出した雪、時としては、一気に屋根から落ちて、人がケガや死亡することもあります。

北海道の冬は、気温のほかにも、厳しい季節でもあります。

posted by ファーマー at 08:27| Comment(0) | 牧場日誌

2012年01月02日

初詣

P1010198.JPGP1010199.JPG

タカトシ牧場神社も3度目のお正月です。

ご利益は?

昨年の初詣のあと、二世が誕生!!(番組関係者) ⇒ 子宝詣で

人生初の彼女ができた!!(番組出演者) ⇒ 縁結び

どうも「眉つば」もの、都市伝説ものではありますが、番組で芸人さんが作った、おみくじも準備してあります。

P1010200.JPG

タカ社長が魂を込めた今年の『絵馬』も登場しました。


残念ながら、お店は冬期休業中ですが、牧場内への入場は可能です。


P1010197.JPG

動物広場も閉鎖中ですが、長靴があれば、ふれあい広場の新雪を楽しむことができます。





posted by ファーマー at 08:35| Comment(0) | 牧場日誌

2012年01月01日

今年もよろしくお願いします

P1010185.JPG


  あけましておめでとうございます

    今年もよろしくおねがいします


    むらかみ牧場 一同



P1010188.JPG

元旦から牛たちは元気!!


1月1日、午前6時、今年の最初のお産。
無事に元気な♂の誕生でした。

今年の牧場も昨日と同じ、何もない(トラブルが)一日が幸せな一日です。


posted by ファーマー at 08:54| Comment(0) | 牧場日誌

2011年10月11日

クリスマスケ−キA

昨夜からの冷たい雨が上がって、一段と秋が深まりつつあります。

P1010142.JPG

つくばの製菓専門学校の3人が一泊のファ−ムステイに訪れました。
もちろん、牧場での生活は初めてですし、どの仕事も初めてずくしだったと思います。


帰り際に、お互いの髪のにおいを嗅ぎあっていました。
バスの中に、牧場の匂いが広がらなかったかな。


今回の牧場からの課題は、ケ−キのデザインです。
P1010144.JPG
何点かの中から、こんな感じのケ−キが合格しました。
店舗での試作を経て、クリスマスのケ−キに採用になればいいのですが。

どちらにしても、クリスマスに宅配便で送ることを約束して、白い恋人パ−クへ向かいました。

posted by ファーマー at 08:56| Comment(0) | 牧場日誌

2011年10月06日

アイスクリ−ムケ−キ登場!!

P1010132.JPG


酪農体験のお客さんから、サプライズの注文がありました。
急遽、テラミスのアイスクリ−ムケ−キを制作、形はまだまだですが、味は合格点をもらうことができました。

ここでアイディアが!!!!

クリスマスケ−キを作ろう!!!

さてさて、間に合うでしょうか。
今日から、試作の開始です。

P1010131.JPG

当人の『はずき』さんもびっくり。


外気温も下がり、暖かいメニュ−が欲しいところです。
只今、クレ−プ屋さんと検討中です。

まだまだ、毎日、元気に営業中です。
酪農体験も予約が可能です。
posted by ファーマー at 08:25| Comment(0) | 牧場日誌

2011年09月03日

TVh『遊びなDJサタディ−』収録


 台風は来るのかな??

昨日から、テントを片付けたり、ドアを修理したり、台風に備えています。


突然に電話を頂いて、テレビ番組の収録を行ないました。
放映は9月10日、午前9時〜
            TVh 遊びなDJサタディ− です。


秋の酪農体験のお誘いです。

新スタッフのゆいちゃんが初出演の予定です。(カットになっていなければ。。。)


乳牛の全道共進会が安平町で開催中です。
計根別のジュニアホルスタインクラブの子供たちが雨の中を牧場に寄ってくれました。

昨年、メイプルで久々に共進会に燃えていたのを思い出しました。

全日本共進会は、残念ながら中止になりましたが、2年ぶりの全道共進会が開催されて、ホッとしています。
丹精込めて育てた牛たちが一堂に集まって、その雄姿と技術を競う場が再開されて良かったです。
暗い話題が多い、酪農業界ですが、悪天候にもめげずに皆な燃えているんだろうな!!

posted by ファーマー at 18:56| Comment(0) | 牧場日誌

2011年08月16日

夏休みB〜再会〜


例年、お盆を過ぎると最高気温も下がって、秋風の吹く季節になりますが。。。

 mini_110815_1351.jpgmini_110815_1351.jpg
 
H.P.の酪農体験の予約フォ−ムにメ−ルをいただいた時から楽しみにしていたグル−プが酪農体験に訪れてくれました。
8年前の高校の修学旅行の時に、同じように5人で来てくれたそうです。
まだまだ酪農体験の数も少なく、自分で作った仮設の小屋の中で行っていたころです。
『さくちゃん』が乳搾りの担当牛でした。

当時の写真を持参してくれて、びっくりしました。
同じポ−ズで記念撮影をしました。

こころから嬉しく思えた時間でした。

酪農体験を担当するスタッフには「本物の牛に触れる機会は一生に一回だと思って、お客さんに接してください。」といつも言ってます。覚えていてくれて、もう一度来ていただくことは、私たちにとって、最高の幸せです。

P1010128.JPG

ふたたび、8年後の再会を約束して、お別れしました。


さあ〜!! もう一度、彼女たちに会えるまで、がんばるぞ!!!

素敵な笑顔と素敵な時間をありがとうございます。

また、会いましょうね。

posted by ファーマー at 08:42| Comment(0) | 牧場日誌

2011年08月15日

『天使』のママがブログで紹介してくれました。


 〜yukihana日記〜
 楽しい情報もいっぱいです。
 のぞいてみてください。


 8月16日(火) 11時からFMアップルに出演します。
 今回は、特別ゲストが登場予定。
 残念ながら、聞こえる範囲が限られてはいますが。
 「むらかみさんちのモ−な話し」 聞いてくださいネ!!
posted by ファーマー at 09:13| Comment(0) | 牧場日誌

2011年08月14日

夏休みA〜散歩?〜


 朝から、パラパラと雨降り。
 農家にとってはドッツと雨が欲しいところ。
 もう二週間以上雨が降ってないので、畑はカラカラ、パサパサ状態です。
 
 牧場に来ていただくお客さんにはあいにくの雨です。
 必要な畑にだけ雨が降れば最高ですが。。。。。

SN3R0015.jpg
散歩に出かけた『まちこ』ですが、草ばかり食べて、一向に散歩にならず。
子供たちもあきれ顔でした。


 今日の体験に、福島県いわき市からの家族がいらっしゃいました。
 帰り際に、少しお話をしました。
 「子供たちが、夏休みの一週間を『半袖」『マスクなし』で過ごせました。」
 との言葉に返答が詰まりました。
 
 震災、原発事故から5カ月、先の見えない将来への不安、今、私に何ができるのでしょう。
 忘れないことと、思う気持ちでしょうか。

 「とても楽しい北海道でした。」の言葉に、車が見えなくなるまで、手を振るのが精一杯でした。

 
posted by ファーマー at 18:18| Comment(0) | 牧場日誌

2011年08月13日

かわいい天使さんが降臨


 この夏の最高気温34℃を記録。

 mini_110811_1140.jpg
 
 おしゃまな凪歩ちゃん、昨年は恐ろしくて牛のそばに行けませんでしたが、今年は記念撮影もOK!
 ちゃんと乳搾りもできました。

 mini_110812_1426.jpg
 次の日には、似顔絵を描いてくれて、持ってきてくれました。

もう私もスタッフの由依ちゃんもメロメロです。


本当に子供の成長は早いものですね。
忙しい夏休み期間に、凪歩ちゃんからいっぱいパワ−をもらいました。

また、是非遊びにきてくださいね。
posted by ファーマー at 05:24| Comment(1) | 牧場日誌

2011年08月11日

牧場の宝物


 暑い、暑い毎日です。

 牛舎の牛たちも夏バテ気味です。

 スタッフもバテ気味です。

 そんなときの元気の源を紹介します。

mini_110810_1221.jpgSN3R0011.jpg

酪農体験に来てくれた子供たちからのお礼の手紙です。
はじめての乳しぼりやバタ−作り体験の楽しさが記されています。

今日も、夏休み自由研究の題材としての体験です。

そして今日は、一年ぶりに『ちっちゃな恋人』の女の子との再会の日です。
詳しくは、また明日!!
posted by ファーマー at 07:55| Comment(0) | 牧場日誌

2011年08月06日

アメリカ旅行記A


 アメリカ国内の牛乳買い上げ価格が約倍の価格になって、酪農家の多くが増産体制に入っています。
そのために、輸出用のル−サンの価格も急上昇していました。

mini_110723_0447.jpg
200馬力以上の超大型トラクタ−

残念ながら、予定数量を購入することができずに、検品を終えました。


旅行中の唯一の楽しみ。。。。
mini_110724_0531.jpg

帰路のYAKIMAのハンバ−ガ−ショップ。なんでもアメリカNO1!!に輝いた店とか。味?大きさ?ジャンク大国らしい一品でした。


いつものことではありますが、忙しいハ−ドなスケジュ−ルでした。
 
マ−クさん(日本人ですが)、かつおちゃん、Mr.AKASI,ずっと同行の長谷川くん、お世話になりました。

posted by ファーマー at 08:01| Comment(0) | 牧場日誌

2011年08月05日

アメリカ旅行記@


 今年も牛のエサの買い付けのために、一週間ほどアメリカへ行ってきました。

110719_0655~01.jpg

今回は、30年ぶりのカナダからスタ−ト。
バンク−バ−でマ−クさんと待ち合わせて、旅の始まりです。

冬期オリンピックの映像で見たとおり、美しい街でした。
同行は長谷川君、まったく初めての海外旅行で緊張の連続のようです。

マ−クさんお勧めの日本食レストランで食事、時差ぼけも一気に解消です。

レンさん、トラビス親子の車で初めての国境超え、アメリカに入国後、400km程南下して、ル−サンの産地、コロンビアベ−スンに到着。さっそく、畑で草の検品です。
SN3R0003.jpg

いつもは40℃近くの気温ですが、今年は涼しくて、30℃を切るくらいしかなく、作柄も08年に匹敵する「最悪」の状態でした。

多くの現地の人から、「日本は大丈夫か?」と声を掛けられました。
震災の事はみんなが知っていて、「ガンバレ!」と握手を求められることしばしば、うれしく思いました。
posted by ファーマー at 07:22| Comment(0) | 牧場日誌

2011年05月12日

メイプルがお母さんになりました!

P1010094.JPG

5月11日、深夜に予定日より5日ほど早く、『タカトシ牧場』アイドル牛メイプルが無事にお産を終えました。
初めてのお産にしては安産でした。

今回は、初めての妊娠だったので、お産の負担を軽くするために、黒毛和牛がお父さんでした。(ホルスタイン種の場合、初産ではよくあります。)
子牛は二週間程で、肉牛の牧場に売られてゆきます。
それまでは、牧場で大切に育てられます。


メイプルも今日からは、搾乳牛のの仲間入りです。
いっぱい愛情を受けて育ってきたので、きっといっぱい牛乳を出してくれると思います。

P1010090.JPG
誕生後、3時間ほどで立ち上がりました。

P1010092.JPG
さっそく初めてのミルク、「初乳」をたっぷり飲みました。


一昨年の6月に番組の収録中に誕生して二年、少し我がままに育ちましたが、これで一人前?(牛)です。



ここで、メイプル二世誕生企画!!

ソフトクリ−ムのお店で、「メイプルおめでとう!」の合言葉で、今日(5月11日〜14日)から先着10名様に『番組特製ソフト メイプルソフト』を100円で提供します。



母牛メイプルは番組でも近いうちに登場すると思います。

posted by ファーマー at 09:25| Comment(0) | 牧場日誌

2011年05月11日

記念植樹をしました。

P1010084.JPG
沙織ちゃん(左)はプル−ン、由依子ちゃん(右)は桃を移植

先日のリンゴとブル−ベリ−に続いて、スタッフの希望の果樹を移植しました。
2年目の沙織ちゃんと1年目の由依子ちゃんが3年後の結実を夢見て、日当たりの良い場所を選んで自分たちで植えました。

プル−ンと桃に負けないように二人も牧場で育ってくれることを祈ります。


やっと、恵庭でも桜の花が咲いたようです。
今日は、市内の桜の樹を見学がてら、撮影に行ってきます。
posted by ファーマー at 07:56| Comment(0) | 牧場日誌

2011年05月08日

ゴ−ルデンウイ−クC


 5月8日(日) 昨夜も強い雨、相変わらずに気温が低くて、桜の蕾はまだ固い。


P1010004.JPGP1010007.JPG

牧場の隠れアイドルの猫たち、今年の春もよしみ(2匹)アケミ(1匹)しゃむ(5匹)アッシュ(5匹)と4匹がお産しました。
事務所と猫小屋に分かれて子育て中です。

わざわざ猫たちに餌を持参で会いに来てくれるファンも多く、もっとそばで相手をさせてあげたいのですが、猫たちは子供が苦手で、逃げ回るので、子供たちが帰った夕方には猫小屋に案内することもあります。

ソフトのお店の入り口には、新入りのエリザベスが待っています。
猫が苦手の人には申し訳ありませんが、猫は牧場の守り神、『牛舎猫』として大切にされています。

別棟でねこカフェをとのアイディアもあるのですが、自由を奪う気もしますし、難しい問題です。

平日にはスタッフに声を掛けていただければ、猫小屋にご案内します。


posted by ファーマー at 08:01| Comment(0) | 牧場日誌

2011年05月07日

ゴ−ルデンウイ−クB


 5月7日(土) GW終盤、今日も午後から雨。。。(涙)

P1010076.JPGP1010079.JPG

駐車場の奥に果樹園を作ることになりました。
今年は、リンゴとブル−ベリ−を植えました。
姫リンゴの苗を会から分けてもらって、10本移植しました。

温暖化できっと苗が育つ頃には北海道がリンゴの最適地になっているかもしれません。

素人での果樹への挑戦です。
スタッフの希望の果樹を追加して植える予定です。
プラムに桃に栗に。。。

何年か先には、立派な果樹園になることを夢見て!!



相変わらずに、天候不順で、畑の作業はまったく進んでいません。
いったいどうなっているのでしょうか。

当然、牧場への来場者も少なく、ちょっと寂しいGWです。
posted by ファーマー at 10:06| Comment(0) | 牧場日誌

2011年05月02日

ゴ−ルデンウイ−クA


5月1日(日) 朝から雨。。。雨。。。 風。。。



ソフトクリ−ムの店『グレ−スコ−ト』の店内紹介です。

P1010017.JPGP1010015.JPG

昨日から、新しいお菓子が発売になりました。クッキ−にマドレ−ヌ、そして、シフォンケ−キです。
シフォンケ−キは店内でもめしあがることができます。
お土産にどうぞ!!


お土産と言えば。。。
P1010013.JPGP1010014.JPG
『タカトシ牧場』のオリジナルグッズもあります。
さすが牧場らしく軍手が一番人気です


オリジナルと言えば。。。
P1010020.JPGP1010021.JPG
オリジナルの牛グッズもたくさんあります。
海外出張の際に集めた一点ものの牛グッズも販売しています。
牛関係の書籍もあります。

とにかく、店内は牛、牛、牛  もちろんソフトクリ−ムがメインですが。


ちょっと自慢!!
P1010023.JPG
『タカトシ牧場』に出演してくれた方々のサイン入り牛乳瓶も展示、ミ−ハ−副店長が説明してくれるかも。


一昨年前までは、小さな店内でしたが、今はテ−ブルもあって、店内での飲食も可能です。
ちなみに、隠れおすすめは「カフェオレ」です。


天気の回復すれば、野外の紹介をいたします。
posted by ファーマー at 08:06| Comment(0) | 牧場日誌

2011年05月01日

ゴ−ルデンウイ−ク@

P1010012.JPG 

4月30日、久しぶりの青空。

朝の飛行機で北海道に着いて牧場へ。
乳搾り⇒子牛にえさやり⇒バタ−作り⇒アイスクリ−ム作り⇒子牛の哺乳

フルコ−スの体験のあと、ちょうどお産が始まって、今度はお産の見学でした。
無事に命の誕生に立ち会うことができました。

朝、自宅で起きた時には想像もしなかった一日ではなかったでしょうか。
北海道を満喫していってください!!


P1010011.JPGP1010009.JPG

GWの期間中は、出店もあります。
一日、『美味しく』『楽しく』を目標に、みんなでお待ちしています。

あとは、天候だけです。

「牛乳天ぷら」 これがありの味です!!


















posted by ファーマー at 07:35| Comment(0) | 牧場日誌

2011年04月23日

新しい命の誕生に思う

P1000997.JPGP1000999.JPG

今年初めての双子の誕生

♂と♀ ですが、うしの場合、異性双生児の♀はフリ−マ−チンと呼ばれて、そのほとんどは残念ながら繁殖能力を有しません。
ですから、引き取り手も少なく、ただ同然の価格で売られてゆきます。

また、双子を出産した親牛も産後のトラブルが多く、注意が必要です。



福島原発周辺の牛を心配するメ−ルをいただきました。

住宅地をさまよう牛たちが報道され、避難区域で懸命に家畜の命を守るために一時帰宅をされる畜産農家も報道されています。
特に、乳牛は一日二回の搾乳を欠かすことができません。大量の新鮮な飲料水と大量のエサを給与し続けなければ、命をつなぐことができなくなります。

同じ仕事をする私たちにとっても心が痛みます。


酪農体験を通じて、『いのちの大切さ』を伝える私たちにとっては、自分たちの無力さを知るばかりです。


1頭でも多くの牛や家畜が、そしてペットの動物たちが安全な場所へ避難出来ることを祈るのみです。


posted by ファーマー at 19:02| Comment(0) | 牧場日誌